賃貸の給湯器水漏れはどうする?

賃貸アパートやマンションに住んでいて、給湯器から水漏れが発生した場合はどうすれば良いのでしょうか。慌てずに給湯器の使用を止めて、まずは大家さんや管理会社に連絡をして対応してもらうのが一般的です。

■大家さんや管理会社に連絡が必要な理由

賃貸物件は大家さんや管理会社から借りているため、給湯器の設備を所有しているのも大家さんです。給湯器が故障する原因はいろいろありますが、経年劣化があるため、必ずしも住んでいる人に責任があるとは限りません。
大家さんや管理会社が直してくれる場合が多いですが、自分で業者を呼んで直してもらった場合、状況によっては負担してもらえない場合があります。後のトラブルを防ぐためにも、きちんと大家さんや管理会社に連絡をして状況を説明しましょう。

■まずは応急処置をする

給湯器 水漏れした場合、賃貸であるなしに関わらず自分で修理するのは避けましょう。ただし、対応を待っていると漏れている水が部屋に浸みだして、他の住民にまで影響を与える可能性があります。そうなると修理箇所が増えるだけでなく、近隣トラブルの原因にもなります。
まずは応急処置として水を止めましょう。給湯器のモニターで操作し、水が止まらない場合はバルブを閉めて水を止めます。バルブを閉めても水が止まらない場合は水道管に原因がある可能性もあるので、元栓を閉めます。

■まとめ
賃貸物件の給湯器の水漏れは、自己判断で対策を決めるのではなく、まずは管理会社や大家さんに連絡しましょう。連絡するときは、使用している給湯器の型番や水が漏れている箇所なども合わせて伝えると、後の対応がスムーズです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ